思考の視野が狭くなったとき、選択肢を増やす方法

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


現在、文章を整え中の記事です。ご興味がある方は動画をご覧ください

メンタルコーチの指紋です
今回は頭を柔らかくして選択肢を増やす方法をお話しします
うつ病の人の多くは
視野が狭くなる視野狭窄の状態になりやすいです
例えば認知の歪みで出てくる白黒思考
世の中は白と黒ではなくて
この白と黒の間にあるグラデーションでできているので白と
黒だけで物事を見てしまうと
選択肢が少なくなって苦しくなることがあり
白黒思考がひどくなってさらに選択肢が減ってくると
白しか見えない黒しか見えないという風な一色思考になってきます
一色しか見えなくなってくると
どうしても選択肢というのはなくなってきて自分はこうするしか
ないという風になって苦しんでしまうことがあるんですね
物の捉え方から偏ってしまうと
それだけで選択肢は減っていくものです
ブラック企業に勤めている人が辞める選択肢を失ってしまえば
ずっとブラックしかないです
夫婦関係でモラハラ路地幅パワハラと苦しんでいる人がいれば離婚
という選択肢を失ってしまえばものすごく頑張って関係修復するか
あるいはずっと苦しんでしまうことになりますよね
だから選択肢を持つということはとても大切なことです
僕は10年前にうつ病と診断されて
いろいろな選択肢を選んできましたが
多くの選択肢は最初はそもそも存在しない
と思っていました
例えば会社を辞めたら人生終わと思っていたんですが
実際に今はフリーランスとして働いており
より自分らしく働けるようになっています
父親一人を残して家から出ることはできないと思っていたんですが
結局は家から出ることによって自分を見つめ直すことができ
メンタルを整えることができました
家を出たら一人暮らしをしなければいけないと思っていたんですが
知人の方とルームシェアをすることによっていろいろ助けてもらい
うつ病の回復が早まったことは間違いないです
他にもいろいろあるのですが
最初はこの選択肢はそもそも存在しないなど
思っていたものを選んだことによって
今の僕があるのは間違いないです
選択肢がないのではなくて見えていなかっただけだったんですね
選択肢が多くあるというこの事実だけで心にゆとりができて
メンタルが安定しやすくもなります
実際には多くの選択肢を持つだけではなくて
その選択肢の中から
何を選んでいくかという
自分の価値観っていうことも理解していくことがなんですが
今回はあくまで選択肢を広げていく
増やしていくというところをお話ししていきますね
今回お話しする考え方を使うことによって
頭を柔らかくして選択肢を増やすことができます
このチャンネルでは
うつ克服のための思考や行動についてお話をしておりますので
動画を見ながらチャンネル登録をしていただければ嬉しいです
選択肢がないと感じる時の原因の一つとして
考え方が独りよがりになっているということがあり
例えば目の前にコップがあった時今あなたの目
から見ると白いコップしか見えないですよね
でも後ろから見ると黒猫の絵が入っていることがわかります
これを上から見ると中に何が入っているかも分かってきますね
これを下から見るとコップの底を見ることもできます
今のはシンプルに4つの視点だけで考えましたが見る
方向によってコップ一つを取ってみても
いろいろな見え方というのがあるんですね
ただのとして考えれば
白いコップとしての使い方しか思い浮かびません
後ろに黒猫の絵が入っていると思えば
コップとして使うだけではなくて
飾りとして使う可能性も出てきますよね上から見て何
が入っているかを見れば
何か飲み物が入っていれば飲むという選択肢ができますし
何も入っていなければ
ここに何かを入れるという選択肢が出てきますね
下を見てそこを見ることによって
このコップの安定性というものが見えてきます
どこ行けばいいかどの程度の幅の場所なら
置けるかということがこれでわかってきますね
コップも悩み事も考え方も情報も全て一緒です
一つの捉え方しかしていないと
どうしても選択肢というのは少なくなってしまいます
多くの捉え方をすることによって
選択肢が広がるのはこれ以上詳しく説明するまでもないですね
ではどのよう
に捉え方を増やしていくか
というところがポイントになってきますよね
では実際に具体例を挙げながらお話をし
最近さくらさんっていう方にご相談を受けました
毎朝カーテンを開けることができるようになったんだけれども
いまいち効果が実感できないので本当に続けるべきかどうかを
悩んでいるという話だったんですね
ここで単純に朝カーテンを開けて火を浴びることによって
目が覚めたり
セロトニンが分泌されたり
いろいろいいことがあるので
朝カーテンを開ける
ということは大切なことだよと伝えることは簡単なんですが
人は行動していくときに誰与えられる
というよりも自分で納得した方が行動はしやすくなるんですね
カウンセリングやコーチングではこれが答えだよ
というお話ではなくて
相手の方に考えてもらって
より良い選択肢を模索していく
っていうところが大切になってきます
僕の場合はその人にただ考えてもらうだけでは
なくてどのように考え方を広げるか
その選択肢はどのようなメリット
デメリットがあるかなどもお話をすることがあります
話を戻しますさくらさんは毎朝カーテンを開けているんだけれども
効果が実感できなくてどうしようか悩んでいるということでしたね
この時さくらさんにお伝えし
た内容は視点を変えてみるというお話でした
ではどのように視点を考えるかというと
アドバイスをするということですね
では誰にアドバイスをするかというと
さくらさんが自分にアドバイスをする
さくらさんが家族にアドバイスをする
さくらさんが恋人にアドバイスをするさくらさんが知人
にアドバイスをする
さくらさんが他人にアド
それぞれの人が自分と同じ状況にあった時に
さくらさんはどのようなアドバイスをしますか
というお話をしたんですね
今動画を見ていただいているあなたも
今回のさくらさんの具体例を聞きながら
この方法を試してみませんかまずさくら
さんに自分へアドバイスをしてもらいました
朝にカーテンを開けているけど
効果が実感できないからやろうかやめようか悩んでしまうよね
どうしようかなというところでした
さくらさんは
自分のことには良いというのが思いつかなかったんですね
次に家族へアドバイスをしてもらいまし
た家族が効果を実感できないと悩んでいたら
どうアドバイスしますかということだったんですけど
さくらさんは家族であればこうアドバイスするそうです
効果がないと感じていても別に悪いことじゃないし
続けてみたらと言っていました
次に恋人へアドバイスをする時はどうですか
と聞きました
効果を感じていなくても私はいいことだと思うので
カーテンを開けることは続けて欲しい
次に知人アドバイスする時はどうですかと
お話をしたら効果はないと感じているかもしれないけど
朝カーテンを上げるぐらい手間もないことなんだから
とりあえず続けてみたらと言っていました
最後に他人へアドバイスをした時です
朝カーテンを開けると太陽の光を浴びることができ
て体にもメンタルにもいいし続けてみたほうがいいと思うよ
と言っていました
実際に聞いてみたらわかると思うんですけど
アドバイスをする相手によってさくらさんの考え方していますよね
実はさくらさんが選択肢がなかったのではなくて
選択肢はさくらさんの中に眠っていた
んですねさくらさんは一つの考えしかできない人ではなくて
実はたくさんの考え方ができるんだけれども
一つの考え方しか知らなかったというだけだったんです
最初は効果がないなら
やめたほうがいいかもと考えていたさくらさんですが
悪いことでなければ続けてもいいである
とか鬱を改善するなら続けてほしい
手間がないことであれば続けてみればいいよであるとか
太陽の光を浴びることは体にも心にもいいので
続けてみることがいいよと言っていましたね
こうやって考え方を広げて選択肢を広げるだけで
より良い選択肢が見つかることがあります
実際に誰に向けたアドバイスがいいの
かというのはケースバイケースではあるんですが
さくらさんは自分に対してのアドバイスについてはやめる
という選択肢だったんですが
他の方全てにおいて続けた方がいいよ
というお話をしていたんですね
実際にさくらさんに
今自分がアドバイスをした内容を全て見ていただいて実際
どんな選択肢を取った方がいいと思うと聞いてみたら
そもそも悩むことじゃなかった
朝カーテンを開けることは続けてみると言っていました
さくらさんは視野を広げることによって
悩むことなく
毎朝カーテンを開けるという選択肢を選ぶことができたんですね
もしもさくらさんが視野を広げる
ことをしなければ
毎朝カーテンを開けることをやめて可能性もあります
もしも毎朝カーテンを開けることを続けていったとしても
本当に効果があるのかなと悩みながら続けていたと思いますね
見ながら続けてしまうとストレスになります
しうつを改善するためにこれをしているんだ
というよりは
鬱を改善するために
これをやらされているという感覚も芽生えてしまうんですよね
他の動画でもお話ししていますが
自分で行動することと誰かに言われて行動することでは
自分の中のモチベーションが大きく
今回のように自分家族恋人知人他人といろいろな人に
アドバイスをあげると
自分の中で考えてみると
視野が広がって選択肢が出てくることがあります
今回は5人の人へのアドバイスをしたんですが
最初は自分と他人の2人だけのアドバイスでもいいです
個人的には自分と他人と大切な人の3人
この3人へのアドバイスを見て
自分で判断していくことが大切だと思います
自分だけのアドバイスを見ることに
自分の視野が狭くなっているかどうかがわかります
他人へのアドバイスをすることによって
客観的なことからアドバイスをするようになります
大切な人にアドバイスをすることによって本当はどのような
アドバイスをしたらいいか
ということが考えられるようになってきます
頭の中だけで考えると最初は混乱する可能性がありますので
実際にスマホや紙に書き出してみてやることをおすすめします
この方法を使っていくことで
自分が自分の相談に乗れるようになってセルフカウンセリング
セルフコーチング
というテクニックが使えるようになってくるんですね
少しずつですけどね
ただ重要なのはあくまで自分の中で視点を変えているだけなので
実際に他人や恋人や家族に相談をしてみたら
また別の答えが返ってきたり
自分も別のアドバイスをする可能性も出てきます
常に人に相談することは難しいので
一人で考えるときは
今回使った視点の切り替えを使って本当に困った時
悩の時は信頼できる人に相談をすることが大切です
僕のYouTubeでは
今回のようにうつを克服するための考え方
行動についてお話をしています実際にうつ病で苦しんでい
た僕がどのようにその知識を使ってどのように考えて
どのように行動に移したかというお話をしていきますので
興味がある人はYouTubeのチャンネル登録をお願いしますね
公式LINEでは質問を受けたりご相談に乗ったりしています
興味はYouTubeの説明欄から公式
LINEのお友達登録をどうぞ
視点を切り替える考え方が身についてくると
一つの情報に対する捉え方が増えてきて
知識の理解度が深まるようになります
本を読むときも
動画を見る時も
人と話すときも何かを買うときにも役立つテクニックなので
参考にしていただければ嬉しい
です僕ももっと頭を柔らかくして考えていきたいと思います
それではまた次の動画でお会いしましょう