幸せになる式とは?幸福=快感÷執着とH=S+C+V

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


幸せになる式とは?幸福=快感÷執着とH=S+C+V

こんにちは、メンタルコーチのしもんです。
以前に動画で仏教の幸せの方程式「幸せ=快感÷執着」を紹介したことがあります。
最近、僕が意識している式は別の幸せになる式でして、H=S+C+Vというものです。

ポジティブ心理学のセリグマン博士が提唱している考え方です。
Hはhappiness(幸せ)なんですが、永続的な幸福度。長く幸せを味わうということですね。仏教の方程式はどちらかというと、マインドフルネス系で「今の幸せ」ともいえます。
とはいえ、人生は今の連続なので、マインドフルネス的な幸せは永続的とも言えるかもしれません。

H=S+C+Vの詳しいところは割愛するとして、
この中で「過去」「現在」「未来」に対する捉え方があります。

過去は容認(許し)
現在は没頭
未来は希望(良い未来につながっている感覚)

みたいな感じです。
過去、現在、未来といっているんですが、実際には「現在のこと」です。
僕たちは過去をもとに考えて、未来をもとに動きます。そして、考えて動いているのは現在なので「過去」も「未来」も現在のことです。

ピーマンで例えると(笑)
過去:ピーマンまずかった。ピーマン嫌い(責める)
未来:ピーマンを食べて苦い未来が見える(絶望)
現在:ピーマンを食べるのにためらう。食べることに没頭できない。

これが、容認と希望にすると

過去:
ピーマンまずかった。だけど、そういうこともある。あのときまずいと感じただけでピーマンを嫌う必要ない(容認)

未来:
これから食べるピーマンはおいしいかもしれない。楽しみだ(希望)

現在:夢中でピーマン食べる(没頭)

と、容認と希望によって、現在の幸せ度があがります。
あまり容認しすぎると失敗は増えますが、容認する人生は幸せ度はあがります。

結果として
「過去は許し、未来に希望を持ち、現在に集中して生きる」という綺麗ごとっぽく見える生き方が、幸せなんだなーと思う次第です。

確かに僕も過去の自分や、過去の家族や人間関係を許す・容認することでとても楽になったし、今に集中しやすくなりました。
現在は、体力を高めて、いろいろな知識をつけているという前に進む感覚があるので、良い未来が訪れそうという希望もあります。

ということで…になっていないのですが。
今回のショート動画の元ネタは

【不眠症】安らかに入眠する方法とは?仏教の幸せの方程式で導く

仏教の方程式のほうです。
セリグマン博士の幸せの方程式もいずれ動画にしたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。