【感情をキャラクター化】感情をコントロールする時に大切なのが、自分の感情とコミュケーションをとること

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


こんにちは、しもんです😊

感情をコントロールする時に大切なのが、自分の感情とコミュケーションをとることです。
自分の思考・感情・感覚とコミュケーションをとることで、感情のコントロールができます、
感情とコミュケーションをとる簡単な方法があります。

それは「感情をキャラクター化すること」です。
例えば「怒りの感情」で困っているなら、自分の怒りをキャラクター化します。

名前は?見た目は?どんな口癖がある?ということを考えてみましょう。
そうすると、怒りの感情が、客観的に見えてコミュケーションがとれるようになってきます。

僕であれば「面倒」という感情(思考)は「メンディー」と名付けています。
見た目は、とけたようなパンダの姿。口癖は「めんどうだよー」です。
コミュケーションとしては、「あとでゆっくり遊んであげるから、今は少しやろう。ほらほら、これからやることは、〇〇という楽しみがあるよー」と、メンディーと会話をします。

すると「面倒」をいう感情がやわらかくなり、行動がしやくなります。
自分とのコミュニケーション癖は大切です。

キャラクター化以外にも、感情とのコミュニケーションテクニックはあります。
参考動画は「ネガティブ思考との距離の取り方」。
距離をとることで、コミュニケーションができます。
僕のセミナー動画で、受講者のかたが実践しているものもあります。