【うつ病】趣味が楽しめない。楽しいことには●●が大事!うつ病克服体験談

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


現在、文章を整え中の記事です。ご興味がある方は動画をご覧ください

うつ病になってから
趣味があまり楽しめないなぁと思うことはありませんか
今回は楽しめなくなった時
楽しいを頭で考えすぎないことが大事という話をします
動画をご覧いただきありがとうございます
メンタルコーチの指紋です
僕がうつ病でとても苦しかった時は全ての趣味が楽しめなくなり
ましたゲームも楽しめないし
漫画を読むのも楽しめないしテレビも楽しめない
テレビややゲームは目がチカチカして
目が疲れていたくなってしまったり
音がうるさいので嫌悪感に近いストレスを感じることもありました
漫画を読んでいても文字がスーッと入ってこずに漫画の面白さ
がよくわからないのに
ペラペラペラペラページをめくって
時間を過ごすということもありました
うつ病だった時は
よく周りから楽しいことをした方がいいよと
ものすごく言われていたので
楽しいことをしなければいけないという気持ちがものすごくだから
それまでの趣味だったゲームをしたり
漫画を見たり
テレビを見るというのを頑張って楽しもうとしていたんですね
でも単に疲れてしまって
しんどいだけというのがずーっと続いていました
自分ではもう楽しめないと分かっていたのにも関わらず
楽しまなければいけないと思って
ずっとやり続けてしまっていたんですねうつ病
になると今まで楽しかったものが楽しめないというのは
別に変なことではありません
体調が悪くてメンタルモチベーションも上がらない
そういった状態で
今まで通りにしっかり楽しむということは
なかなか難しいんですよね
想像していただけるとわかると思うんですが
インフルエンザで熱が40
度ぐらいあって
体調が悪くて
メンタル的にもすごく落ち込んでいる
時に趣味がカラオケだからカラオケで楽しもうと思って
なかなかカラオケでも楽しめないですよね
楽しむものの中には
エネルギーがないと楽しめないものもあったりするので
自分の体調によって楽しむ方法を見つけてになってきます
僕も当時は30分続けて座っていると背中が痛くなったり
腕が重くなったり首が痛くなったり吐き気とかがし始めていたり
頭がクラクラすることがあったので
そんな状態ではなかなかテレビやゲームや漫画
っていうのは楽しめないですね
ベッドでこうスマホを片手に持って上に上げるという
だけで手が痛くなったり
手がしんどくなってしまっていたので
楽しむことができませんでした
もちろん今楽しいことをしよう楽しめているのであればOKです
でももしも今楽しむことができない場合は楽しもうではなくて
心地よさに目を向けることをおすすめします
どういうことかというと
実際に楽しいかどうかというのは一旦置いといて
とりあえずやりたいなあであるとか
これをすると気持ちよさそうだなというものを実際にやってみて
心地よさを感じるかどうかで判断してOKです
例えば漫画を読む場合は漫画を読んでいる最中強さに目を向ける
あるいは漫画を読ん
でいる時は心地いい空も意識せずに
漫画が読み終わった後で心地よかったかな
というふうに自分で感じてみるというのでもOKです
実際に行動している時ではなくて
終わった後で楽しかったか心地よかったか
自分の感情がどのように変化したかというところを見ていく
ということが
大切です例えば僕はものすごくしんどい時って
加湿器の水蒸気をぼーっと眺めてしまうことがあっ
別に楽しもうとも心地いい感覚を得ようともせずに
ずっとぼーっと見ていました
ただ加湿器をぼーっと見ていて終わってみると
その間焦りや不安っていうのが緩やかになっていたりどちらか
というと心地いい
という感覚を味わっていたなぁというのがありました
趣味や楽しい事って
読書するテレビを見る運動するカラオケに行くお酒を飲むなど
しっかりとした言葉にしなくちゃいけない
という先入観が働いたりすることもある
先ほど僕がいたようにしんどいなあという時にそうだ
加湿器の水蒸気を見ておこうという風に考えてもOKです
実際に今の僕もなかなか考えがまとまらないな
頭が疲れているなぁという時は
加湿器の水蒸気をぼーっと見ながら
呼吸を整えるということをすることもあります他に
も心拍計をつけて10分間呼吸をゆっくりし続けて
心拍数がどの程度落ち着くかというのを見たり
漫画を読む時も漫画を読もうではなくて
深呼吸を意識して
ボーっと漫画をペラペラめくったりすることがあるんですね
かどうかというのはわからないんですがここ感覚はものすごく
ありますリラックスするなぁであるとか
気持ちいいなあであるとかそういった感覚ですね
楽しまなくちゃいけないと思っていると
なかなか目を向けることができない感覚でもあると思うんですよね
他にもベランダに出て少しストレッチをしたりだとか
ランニングや運動系の記録をグラフ化
とかしたりして楽しんだりすることもあるんですね
別にグラフ化してもしなくても意味はないんですけど
ただ自分の記録をグラフ化するっていうのが楽しいだけです
ただこういった加湿器の水蒸気を見る10分間で
脈拍がどの程度を落ち着いていくか見るランニングや運動系の記録
をグラフ化するっていうのを趣味としてはなかなか言いにくいし
じゃあ楽しむために脈拍を10分計ろうであるとか
グラフ作ろうともなかなかしにくいものでもあると思うんですね
それって趣味って言えるのかなというものについては
趣味って言えないよなという風に自分の頭から外して
しまう癖がついている方が多いからです
ただ自分の感情や自分の感覚に目を向けると
とても些細なことで心地いいと感じたり
気持ちいいと感じたり緩やかになるというものがあったり
リラックスするなぁというものが見えてきます
僕の中で楽しいというものに入るんですが人から見
たらそれって楽しいのってなると思うんですね
でも自分が楽しいかどうかのところに
人の目というのは全く関係ないですよね
仏教の幸せな方程式
幸せイコール快感のある執着というものがあるんですが
幸せを楽しみに変えると今回のお話が分かりやすいと思います
つまり楽しいに執着
すると気持ちよさ心地よさが減っていくよというところ
心から楽しむためには
楽しむ行動を楽しむという枠に当てはめないことが大事です
では自分が心地いいと感じるものは
どんなものかというところをどのように見つけていくかなんですが
今1日を過ごしている中で
無意識に時間を使っている行動を見てみる
他にもメリットとかデメリット
とか考えずにこの行動って価値があるかどうかわかんないけど
やってしまうんだよなぁという行動であっ
子供の頃や学生の頃によくしていた行動この辺りを見ていただくと
自分にとって心地いい
自分にとっての本当の楽しい
というところが見つかってくると思いますたまに聞くお話で
食器を洗ってる時に油汚れが取れるととても楽しいけれども
なんか変ですよねって聞かれたり自分は趣味はないんだけれども
でも朝30分ジョギングをしているんだという話を聞いたりする
でも食器の油を取るという行動を楽しいと思っても
全然変ではないですし朝毎日続けている
ジョギングという行動を自然と続けているのであれば
そこに心地よさを感じているから続けていると思うんですよね
楽しいにとらわれすぎずに
自分の感覚感情に目を向けて心地いいに目を向ければ
ひょっとしたら
今ある生活の中でも楽しいと思えることが見つかるかもしれません
楽しむためには
楽しむというものを枠に当てはめないことが大事なんですね
もっと言うと楽しむという枠に当てはめて楽しむ方法もあるので
行ってみれば楽しければ何だってOKなんです
それが心地いいだろうが
リラックスだろうが
自分の感情が喜ぶことをしていくってことが大切に
なってきます
今は何か行動していて
つまらないと感じることもたくさんあると思います
例えばSNSのTwitterなどをしている時につまらないなぁ
と思いながらTwitterしている時もあると思うんですよね
そういった時は
今の自分はTwitterはつまらないと感じているんだ
と気付くだけでOKです
どうして自分は楽しめないんだと思わなくて大丈夫です
今はつまらないと感じるんだと気づくこれだけでOKなんです
もしも余裕があれば
どうしてつまらないと感じるのかと
自分に問いかけてみてもOKです
自分に問いかけることによって自分の感情がどのような
ことを思っているかということがわかってくるから
自分の感情を知ることで
より自分の楽しい心地いい気持ちいいというものが見えてきます
以前YouTubeで楽しむことより大事なことというので
休むことが大事だよとお話をしたと思うんですね
この時の楽しむとは刺激的な楽し
さについてお話をしていたんですが
興奮したり感情が盛り上がるような楽しさですね
でも休むのようなリラックスする体の力が抜け
なんだか気持ちいいなぁというものを楽しいと
表現しても別にOKです
言葉は言葉でしかないので
自分の感情を感覚に目を向けることが大切です今回
の動画は以上ですそれではまた次の動画でお会いしましょう