睡眠改善

【重要】夜間頻尿と睡眠時無呼吸症候群の関連性を解説

夜間頻尿と聞くと、膀胱と水分に意識が向きやすいかもしれません。でも、まず確認していただきたいのが、睡眠時無呼吸症候群であるかどうかです。 オランダの研究では、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の75.8%の人が夜間頻尿であるという結果が出ています。閉...
ライフスタイル

「無名人インタビュー」を受けた感想

2024/4/8に「無名人インタビュー」という企画のインタビューを受けました。主に「人生を振り返るお話」でした。僕の場合であれば、子どもの頃もあわせて全体的にうつ病に関するお話になりましたね。 無名人インタビューあなたよ輝け。「有名人だから...
健康管理

運動しないで体力をつける方法:NEATの効果と実践例

NEATとは運動を目的としない身体活動のことです。例えば、買い物、イベントに行く、掃除、料理などですね。このNEATを増やすだけでも、体力はついてきます。実質、運動をしているのと同じ効果が得られるからです。 NEATを増やすだけで、体と心も...
睡眠改善

毎日の悪夢がなくなっていく3つの対策とは?

今回は、悪夢を解決する方法をお伝えしますが、まずはじめに悪夢が苦しい理由を4つお伝えします。悪夢の苦しい理由を知ることは大切です。この「苦しみ」を取り除ければ、悪夢で苦しむことがなくなるためです。問題を特定してから解決に向かうほうが、解決ま...
健康管理

【心拍計不要】感覚的に運動強度がわかる自覚的運動強度RPE

最大心拍数をもとに心拍計で運動強度をはかるとき、「数値だらけで、分からん!」と思ったことありませんか? 心拍数で計算すると、どうしても数値がたくさんでてきます。でも、心拍数を気にせずに運動強度をはかる方法があります。それが自覚的運動強度(R...
健康管理

【性別・年齢別】最大心拍数の2つの計算方法

運動の強度は、心拍数の場合、最大心拍数から考えていきます。まず自分の最大心拍数を知る必要がありますが、最大心拍数には個人差があります。ただ「年齢や性別」で目安を知ることができます。 簡単な最大心拍数計算「220-年齢」 簡単なものだと「22...
睡眠改善

深い眠りを誘う!寝室の室温は〇度、湿度は〇パーセント

みなさんにお聞きします。どちらが正解だと思いますか? ①夜寝るときは暖かくして眠った方が良い。②夜寝るときは涼しくして眠った方が良い。 以前の僕は「暖かくして眠ること」が正解だと考えていました。「寝るときは体を冷やさないように暖かくして寝な...
健康管理

睡眠に良い食べ物5選:オメガ3とビタミンDで質の高い眠りを

ぐっすりと眠れる食べ物を知りたいと思いませんか? 上級睡眠健康指導士のしもんです。今回はぐっすり眠れる具体的な食べ物を5つお伝えします。でもその前に、まず簡単に眠れる栄養素を5つお伝えしますね。 YouTubeでもご覧いただけます。 眠れる...
睡眠改善

朝起きられないを解決!スッキリ朝起きる方法3選

すっきり朝起きられるようになりませんか? 思った通りに起きることができないとかなりストレスですよね。思っていた時間に起きることができずに、 ・いつも朝、慌ててしまう…・朝目覚めても頭が重くてボーッとしてしまう・二度寝をしてしまうことがある ...
健康管理

高タンパク質の一日の摂取量。運動している人・運動していないの2パターン

参考資料:体重1キロあたりのタンパク質量(1日の摂取量)・国際スポーツ栄養学会:1.4~2.0g/kgW・栄養学ジャーナル:65 歳以上の男性の食事タンパク質:必要量0.94g/kgW・推奨量1.24 g/kgW・腎臓学会:1.3g/kgW...