寝る前に5分の空気の入れ替えをする

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


寝る前に5分の空気の入れ替えをすることで、二酸化炭素濃度が下がり、眠りやすくなります。
二酸化炭素濃度が高いと、睡眠に悪影響を与えるんですが、二酸化炭素濃度を下げる方法が空気の入れ替えだからです。
 
デンマーク工科大学によると、
二酸化炭素濃度が750ppm以上の場合、睡眠に悪影響を与える可能性がある。とのことです。
もちろん、二酸化炭素濃度が高まれば高まるほど、睡眠への悪影響どころ
か、翌日の体調まで悪影響を与えます。
https://www.dtu.dk/english/newsarchive/2023/05/ventilate-your-bedroom-at-night-you-perform-better-the-next-day

 一般的な室内は1,000ppmぐらいと言われているため、空気を入れ替える習慣をつけないと、自然と睡眠に悪影響がでてきます。
特に大人2人以上が部屋にいる場合などは、呼吸などの関係もあり、より二酸化炭素濃度があがります。
 
日本住環境株式会社によると、室内の二酸化炭素濃度の基準は1,000ppm以下です。
つまり、750ppmを超えている家もかなりあると考えられます。
家族が多ければ多いほどですね。

スポンサーリンク


空気の入れ替えをする具体的な方法

シンプルですが、「窓を5~10分開けること」です。
窓を5~10分開けるだけでも、部屋の空気はかなり入れ替わると言われています。
このとき、カーテンでふさがないことが重要です。
 
エアコンでも、換気効果はあるのですが、効果は薄めです。
もちろん、エアコンによっては喚起効果がとても高いものもあるかもしれません。
 
換気扇を長い時間回しておくのも、ありかもしれません。
窓を開けると一緒に行えば、空気に流れがより生まれて、より空気の入れ替えの効果があがりそうです。
 
都会などの場合、空気の入れ替えは抵抗があるかもしれません。
でも、新潟大学の自然科学研究所の赤林教授によりえば、「都会などの空気が汚れやすい地域ですら、部屋の空気より、2倍は空気は綺麗」とのことです。
https://www.ntv.co.jp/sekaju/200910/class/090502/03.html
 
窓を開けての空気の入れ替えは大事です。
注意が必要なのは、花粉が強い季節で花粉症を持っている人、黄砂やPM2.5がひどい時期ですね。
基本は空気の入れ替えをすると、睡眠や体調に良い影響がでます。

【睡眠改善】寝つけない人がスッと眠れるルーティン行動11選はコレだ!

①ほとんどの人の寝室の空気は睡眠に悪影響?
②夜の儀式で不安をやわらげ安眠する
③夜の儀式を高めるには●●が大事
④無意識に注意を引くアレを部屋から追い出す
⑤夜に牛乳を飲むと眠れるのはなぜか?75%の人は注意
⑥10分のお風呂で寝つきがグッと良くなる温度と時間
⑦リラックスを生む副交感神経を高める方法はコレだ
⑧リラックスの基本呼吸はパワーブリージング
⑨強いリラックスが生まれる呼吸は4-7-8呼吸法
⑩リラックスは力が抜けるではなく抜けていくが大切
⑪日記の書き方を●●にするとぐっすり眠れる