行動活性化療法:行動メインでの療法。行動から認知も整う

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


最近、60歳の女性の方の健康サポートをしています(プライベートで)
運動拒否感が強い方でしたが、現在は運動を楽しく感じる部分も出てきたようで、体が力強くなってきました。
下半身が安定してきたのと、猫背や肩こりがかなり解消しました。
ウエストがマイナス3センチというところを、喜んでいます笑

うつ病の方にも効果がある「行動活性化療法」でもそうですが
「〇〇が嫌い」と考えすぎずに、「まず〇〇を実際やってみて、メンタルが良くなるか悪くなるか」を試すのはおすすめです。
僕がYouTubeで時折話している「まずやってみてから判断」「やってみて気持ちを良くなるか悪くなるか点数化」のあたりですね。

行動する前の感想と、行動した後の感想は違うことが多いですから😊
効果がでる早さは置いておくとして、うつ病の方に良い効果が出る確率が高いのは

・行動活性化療法:行動メインでの療法。行動から認知も整う。
・認知行動療法:行動も考えるが、認知メインになっていることが多い

かなーと感じる今日この頃です。
うつ病の方でご興味があるかたは、病院の先生に聞いてみてくださいね。

行動活性化療法そのものではないですが、行動活性化療法的な考えの動画はこちらです

▽【うつ病】趣味が楽しめない。楽しいことには●●が大事!うつ病克服体験談
https://youtu.be/c2cuD28jTeI

最後までお読みいただき、ありがとうございました😊