【自己理解】日記の5つのメリット|セルフコンパッション日記とは?

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


スポンサーリンク


日記の5つのメリットで自己理解が深まる

日記を書くことによってさまざまなメリットがあります。
5つのメリットをピックアップしてお伝えします。

①感情が安定してくる

日記を書くことによって感情が安定してきます。
自分の思考や感情を文字にすることによって、思考と感情が明確化されるからです。
感情が不安定になる大きな理由として『あいまいさ』があります。

恋愛に例えるとわかりやすいですが、相手が自分のことを好きか好きではないか分からない時が一番感情が不安定になります。
むしろ、好きではないと分かった方が感情が安定することもあります。
感情の不安定さに耐えきれずに、コミュニケーションの積み重ねもせずに玉砕覚悟で告白してしまった人もいるのではないでしょうか?

日記を書くことによって思考と感情が「あいまい」ではなく「明確」になります。
自分が何を考えどのような思いを持っているかが見えてくるからです。
しかも日記を書けば書くほど、どんどん明確になっていきます。
あいまいさがなくなってくれば、感情が安定してきます。

明確になったものが、良いものであれば単純に嬉しいです。
明確になったものが、悪いものであっても、明確になることで対応しやすくなります。
どうしようもない問題が明確になっても、明確になればあきらめることもしやすくなります。

②文章力と語彙力が高まります

文章を書けば、当然ですが文章力は高まります。
文章を書くにつれて、表現方法の幅も広がるので語彙力も高まります。
実は語彙力が高まれば、感情コントロールしやすくなります。
理由は先ほどの感情が安定するでも書いたのと同じで、あいまいさがなくなってくるからです。

「自分の気持ちや考えをどのように言葉にすればいいかわからない」

実はどのように言葉にすればいいかわからないはとてもストレスです。
多くの人は言葉によって生きているからです。
言葉で表すことができないものは、とてもあいまいなものであり、不安や焦りにつながります。
感情を言葉で伝えるのがまったくできない場合、自分の感情を誰にも伝えられないということです。少しでも自分の感情が伝えられるようになってくるだけで楽になってきます。

③話す力・伝える力が身につく

文章力が高まれば、話す力と伝える力が身についてきます。
話すのが下手な人の多くは、どんな順番で話せばいいか?があまりよく分かっていないことが多いです。
例えば文章の基本であるPREP法(CREC法)を意識するだけで文章力は上がります。
文章でPREP法ができるようになると、少しずつ話す時にもPREPが使えるようになってきます。

PREP法とは?
文章や話す時に伝わりやすい構成のことです。

Point :主張 何が言いたいか?
Reason :理由 なぜ言いたいのか?
Example:具体例 言っている内容の具体例
Point :再主張

PREP法に限らず、いろいろな文章構成や例え話などが思いつくようになると、話し上手と言われるようになります。
お笑いの空気を読んで適切な話をする一流芸人の話すスキルは才能によるものもあるかもしれません。
でも、一般的に話し上手と言われるレベルは才能はほぼいりません。

④楽しくなってくる

日記で『前に進んでいく記録』を取れば、日常が楽しくなってきます。
人生が充実する1つの感覚が、 前に進んでいる感覚だからです。
1年前よりも、3ヶ月前よりも、1か月前よりも、1週間前よりも、昨日よりも前に住んでいる感覚があれば人生は楽しくなっていきます。

前に進んでいく記録は、できれば積み上がっていくものがおすすめです。
仕事の成績や体重など、上下するものを記録するときは期間を適切にする必要があります。
体重の場合、 毎日記録をすると水分などの関係もあり、どうしても体重が増えてしまう日があるからです。体重が増える日を記録してしまうと、モチベが下がって三日坊主になりやすくなります。

日記を書くときに確実に数字が上がっていくものがあります。
日記を書く回数です。
初めて日記を書いたら1回。2回目の日記を書いたら2回。100回目の日記を書いたら100回。確実に積み上がっていく数値を記録すると、日記が楽しくなってきます。
100回記念の日には、ちょっと美味しいもの食べようかなとか考えたりするようになります。

前に進むことで、成長が実感できると楽しいです。

⑤自分を思いやるセルフコンパッション日記でメンタルが安定

自分を思いやるセルフコンパッション日記を書けば、メンタルがとても安定してきます。
僕は29歳から35歳までの間、双極性障害とうつ病を抱えていました。メンタルがひどく落ち込んでおり、引きこもって寝たきりのような生活をしていたこともあります。
5年以上の間、どうやってメンタルを回復すればいいかが分かりませんでした。
不安の中でセルフコンパッション日記を知り、日記を書き始めました。

うつ病のメンタル的な症状は半年で改善しました。
体の方は途中からうつ病の症状なのか、シンプルに体調が悪いのかがよく分からなかったんですが、メンタルが整うことで運動や食事をとることができて結果的に体も整いました。

セルフコンパッション日記で、自分を思いやることによって、行動力があります。
なぜ行動力が上がるのかと言うと、自分を許し、自分を思いやることができるからです。
行動ができない大きな理由が失敗を必要以上に恐れることです。
失敗を全く恐れないのは危険ですが、失敗よりのリスクよりも成功した時に大きなリターンがあるのであれば、行動はした方がいいです。

失敗を必要以上に恐れることがなくなれば、失敗も成功も客観的に見られるようになります。
失敗も成功も客観的に見られるようになれば、行動した方がいいかどうかの判断がつきやすくなります。行動した方が良い場合、失敗を恐れなければ、すぐに行動に移せます。

僕は4年間で、読書500冊以上、ジム通いなどの運動習慣、フルマラソン挑戦、ホームページ制作・動画編集のスキル、セミナー、kindle出版、コーチング・カウンセリング、有料記事販売、YouTube、Twitter、インスタ、ブログなど数えきれない行動をしています。
細かいものを入れれば、4年間で新しいチャレンジは 500は超えるのではないでしょうか。

500以上チャレンジしたものの8割以上は失敗だと思います。
しかし、すべて自分にとって必要なものだと思っていたので、すぐに行動ができました。 自分を思いやることができているので失敗でくよくよせず、次の行動に移せるからです。
しかも、無理にポジティブになって行動力を上げようと思わずに、自然に行動が上がっているのでメンタルも安定しています。

より良いものを、恐怖を乗り越えて手に入れることで人は成長します。
→自己理解を深めて成長を最速化!人生を充実させながら仕事もうまくいく!

では、セルフコンパッション日記のやり方を簡単に説明します。

自分を思いやるセルフコンパッション日記とは?

セルフコンパッションの考えは「マインドフルネス」「共通の人間性の認識」「自分への優しさ」の3つです。
マインドフルネス・共通の人間性の認識・自分に優しさの3つを日記に落とし込む場合、僕は次のような順番でしています。

僕のセルフコンパッション日記手順
①自分を責める・自分を許せないなどのネガティブな思考や感情を書く(思考と感情に気づく→マインドフルネス)
②①の内容を大切な人が書いていたら、どんな思いやりの言葉をかけるかを考える(自分を他人に置き換えることで個人体験では人間としての悩みと考える→共通の人間性の認識)
③②で書いた思いやりの言葉を、自分に伝えてあげる(自分へのやさしさ)

以上の①②③の手順で毎日書いていました。現在は自分への思いやりがかなりできているので、3か月ごとぐらいにたまにやるぐらいです。

応用として。
①の時に「気持ちのしんどさ」を10点満点で書く。
②の時に大切な人だけではなく、友だち、知人、他人など別の人の場合に自分の思いやりの言葉が変わるかを確かめる。
③の時に思いやりの言葉をかけるだけではなく、次にどんな行動をすればいいかを書く。

応用はセルフコンパッション日記に慣れてからで大丈夫です。
最初は「自分を思いやるのはむずかしい……」と思っていても、書き続けているうちにだんだん自分の心にしみてきます。

無理にポジティブ思考になるのは、自分に嘘をつく・偽る行動なのでリスクが高いです。
自分に嘘をつくのはメンタルにマイナス影響を与えることが多いからです。

セルフコンパッション日記は「自分と同じ状況の人に、自分が思いやりの言葉をかけている」ので、嘘でも偽りでもありません。だから、心にしみるんです。
ポイントは、大切な人にも思いやりの言葉をかけるのが難しい場合は、思いやりではなく、受け止める・許す言葉から始めるのがおすすめです。

日記は継続がカギ!習慣化するには?

日記は継続が大切です。というより、継続が大切にならないものはほぼありません。
日記は効果も高いため、継続することで自己理解が深まり、人生が変わっていきます。
最初はイメージする日記ではなく、単なる記録でもいいです。
日々記録すれば、日記です。

日記の習慣術について、kindleで本を出版しているのでどうぞ。
→日記の習慣術 ―心理学であなたを導く―【著:野上士文】

行動は習慣化することで、効果を増していきます。
日記の継続ができれば、他のことも継続できる自信(自己効力感)が高まり、継続力が広がっていきます。
→【自己理解】習慣化で行動が楽になる!無意識を味方にするルーティン

 

日記で自分の思考と感情に気づき、理想の自分になる

日記で自分の思考と感情に気づいて、整えていけば、理想の自分になります。
思考や感情に気づくことによって自己理解が深まるからです。
自己理解が深まれば、理想とする自分が見えたり、理想とする自分になるためにはどのような行動すればいいかが分かってきます。

今日から日記を始めて、自己理解を深め、充実した人生を送っていきませんか?