【HSP】感受性の強い人は自己理解で能力を発揮する!【エンパス体質】

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


スポンサーリンク


HSPには自己理解が必須

HSPには自己理解が必須です。

HSPとはハイリー・センシティブ・パーソンの略で、シンプルにいえば感受性が強い人です。よりHSP度を増すとエンパスと呼ばれることもあります。
5人に1人がHSPとも言われており、想像以上に身近な性質です。

HSPは繊細で生きにくいと言われることが多いです。
感受性が強いので、あらゆる影響を受けやすいからです。
特に現代は情報社会で刺激にあふれています。食事でさえ刺激が強いものが増えています。
HSPは自己理解をしないと、今後もしんどい環境になっていくかもしれません。

HSPは繊細な人と言われることも多いため、イメージ的に「弱い」印象があります。
これは明らかに違います。
例えるなら、HSPの人は刀で、HSPではない人は鉄パイプです。
HSPではない人のほうが社会的には丈夫ですが、HSPの人は切れ味があります。
シンプルにいうと、HSPはハイセンスな人なので、能力が高くなりやすいです。

感受性が強いのでコミュニケーション能力が高いです。
情報察知能力が高いので、勉強の吸収率も高い。
感覚が鋭いので、運動感覚も鋭いです。
いろいろなメリットあります。

ただ環境を整えないと、しんどいだけです。
自分に合った環境や知識を手に入れないと、しんどい。
でも、自分に合った環境や知識を手に入れると、強い。
HSPはある種の天才肌なんです。

例えば、HSPだけどコミュニケーションが苦手って人もたくさんいます。これはコミュニケーションが苦手ではないんです。緊張、プレッシャー、感情が伝わりすぎるなど、体に受ける情報が多すぎて、難しいだけです。
頭と感情と感覚の情報さえ、整理できれば、コミュニケーション能力は非常に高いです。
HSPの人は、影響がないプライベートでの仲がいい人の会話では、とてもコミュニケーションが上手だったりします。

自己理解をすることで、HSPのメリットがとぎすまされます。
HSPにとって、最も大切なのはHSPの活かし方を知ることだからです。
自己理解をして、自分の強みを最大限活かし、弱みを使う時間を減らしていくことが大事です。

【仕事】HSPの能力を発揮

仕事でHSPの能力を発揮するのに必要なのは環境です。
HSPと一言にいっても、どんなものに影響を受けるかは人それぞれです。
ポジティブやネガティブの感情。
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚などの感覚。
美しい、汚いなどの感性。

感情の影響を受けやすい場合、ネガティブな職場にいるとネガティブな感情がわきやすいです。逆にポジティブな職にいるとポジティブな感情になりやすい。
良くも悪くもまわりの感情に左右されるところがあります。
無理に自分をコントロールしようと思うより、環境を変えたほうが早いです。

風通しの悪い人間関係の中では、かなり意識する必要があります。
人間関係の距離を置く、ネガティブなことばかりの人は視界に入れないようにする。集中力を発揮して、仕事に打ち込むなど。
ただ限界がありますし、HSPの感受性の限界は低いです。職場選びは大切

感覚系であれば、雑音や匂いにも左右される。怒鳴る人がいれば、怒りの感情を受け取ってしまいって、さらに大きな音で二重のダメージを負います。
HSPは怒鳴り声が苦手すぎるので、最悪、相手の言いなりになってしまうこともあります。
大きな負荷があった時、人は正常な判断よりも、目の前のことを終わらす意識が働きやすいからです。未来に自分が大変でも、今の自分の安全を意識するからです。
未来の価値を軽く捉え、今の価値を重く感じる【双曲割引】という心理効果が働きやすいです。

双曲割引はしんどい時に強くなりやすいです。
例えば、あなたがダイエットをしている時に、目の前に大好きなお菓子があったとします。
お腹がものすごい空いている時と、お腹が全然空いていない時では、我慢のしやすさが違いますよね。未来に不利な判断をしてしまうことが増えています。

人間関係や環境には左右されます。
ただ特別とても良い職場に行く必要もありません。ポジティブな職場であれば、楽しいけれども無理をしやすくなる可能性もあります。やりがい搾取になる可能性もあるからです。
あなたの価値観によりますが、人間関係がいい距離を保つぐらいがちょうどいいです。

仕事の楽しさを考えれば、ややポジティブな環境ぐらいがおすすめです。
ポジティブな人間関係は仕事の効率をあげたり、幸福度は増すからです。
特にHSPはポジティブにはポジティブな影響を受けるので、楽しく仕事ができます。

バランスを考えるなら、メリハリを意識することが大切。
ポジティブな人間関係にはいることもできるし、自分の時間も守ることができる。ですね。
これはあくまで理想ですが【良い人間関係】【安らぐ環境】【自分の時間を作る】のが大事。
自分の今のメンタルなどの状態に使い分けられると楽です。

HSPはバランスを意識する人が多いとも言われてます。
仕事選びで給料や福利厚生ばかりに目を向けないほうがいいかもしれません。
自己理解と仕事理解のした上で、働くのがHSPには特に重要です。

→【キャリア】自己理解で仕事が充実する!仕事理解が深まる理由とは?

【人間関係】HSPの能力を発揮

HSPは人間関係で悩みやすいです。
感情の影響を受けやすいので、疲れやすいからです。一人の時間も大切にするのが良いです。
心理学のACT脱フュージョンのテクニックがあれば、ある程度は楽になります。
HSPは人間関係の距離を意識することが大事です。
みんなと近く仲良くを考えるとしんどいことが多いです。

仕事と同じでメリハリが大事です。
すべてを心地よくするのは理想ですが、現実は難しいところもあります。
プライベートでも仕事でも、心許せる人を見つけておくことが重要です。
心許せる人間関係の時間を大切にし、それ以外の人は仕事と割り切って付き合う。
特にプライベートは心許せる人間関係は必要です。

自分の価値観を知り、相手の価値観を知ることで心許せる人が見つかりやすくなります。
価値観が一緒だったり、似ている場合は、ささいなコミュニケーションのミスを意識しなくてもいいからです。気を抜ける相手はとても重要です。

→【自己理解】価値観を知ることで充実した自分軸の人生が歩める

自分が誰といれば安らぐかをしっかり意識することが大切です。
人間関係を分けることが嫌いな人もいるかもしれませんが、しっかりと自分にとって良いか悪いかを分けたほうが楽です。
HSPは感情的にしんどい時間を我慢するのが得意ではないからです。

友だちや家族の中でも仲いいを意識したほうがいいです。
誰と一緒にいるのが楽しいか、安らぐか。そうではない人とコミュニケーションをとらないという意味ではなく、自分がしんどい時に楽な人間関係とそうでない人間関係を選んでおくことが大切です。
ダメージを負いやすい分、普段からメンタルを回復させる意識が大切だからです。

HSPは孤独を抱えやすいです。
相手のことは分かるのに、相手が自分を分かってくれないことがあることも多いです。
言葉や感情は変化があるので、変化の少ない価値観を意識することは大切です。
自己理解をして、価値観が近しい人との関係を大事にすることがおすすめです。

→【人間関係の悩みを解決】自己理解で強みを活かしたコミュニケーションを知る

【恋愛】HSPの能力を発揮

HSPは恋愛でも苦労することがあります。
恋愛は感情がもりあがってしまうので、感情コントロールが難しいからです。
むしろ、感情をコントロールできないのが恋愛の喜びともいえますしね。

女性は男性の嘘に気づきやすいです。
浮気などをされて、態度が変わると、女性の勘が鋭くなります。
価値観が似ていて、誠実な男性であると、女性は楽です。
男性が嘘をつく場合も、きちんと説明する、きちんと謝る男性がいいです。

HSPの男性も同じような特徴があります。
気づく能力がどのみち高いからです。
男性は理論が好きな人が多いので、女性の嘘に気づくと、責めることもあります。

HSPが注意したほうがいいのが、気づきすぎていることです。
最初の「男性の態度が変わった」に気づいた時に、不安症な人は「浮気」を意識するかもしれません。でも、単に仕事などで疲れていたり、別のことで考え事をしたりしているだけかもしれません。

気づく能力が高くても、良いことか悪いことかの判断する力はそれまでの経験や知識にもよっていきます。大事なのでお互いにきちんと話し合うことです。
感覚だけで判断せずに、話し合って、自分がなぜその気づきをしてしまったのかを知ることが大切です。感覚の答え合わせです。

感覚の答え合わせをする経験をつむことで、気づきの能力がより高まっていきます。
気づきの能力が高まれば「相手のことを気づいてあげられる人」になります。
きちんと答え合わせしないと、人を疑いやすくなるので注意です。

恋愛で大切なのは、やはり価値観です。
価値観が一緒であれば、多少のズレはなんとかなります。
ささいなことがあっても安心が得られるんです。
そして、HSPは安心を得ると最強の力を発揮します。

逆にどうしても感覚的に合わない、安らげない人とは距離を意識したほうがいいです。
例えば、結婚しても寝室を分けたり、個人の部屋を持つなどですね。

→【自己理解で恋愛が深まる】恋活も婚活も自分を知ることでうまくいく

HSPの圧倒的な強みを活かす

HSPの圧倒的な強みを活かすにはマインドフルネスが大切です。
マインドフルネスは没頭する力です。集中するより上の超集中力状態です。

HSPの弱みはまわりの影響を受けやすいことです。
HSPの強みは持っている能力が高いことです。
マインドフルネスで強みだけを活かすことができれば、圧倒的です。
いかにマインドフルネスな生き方ができるかがカギです。

マインドフルネスの力として注意集中力があります。
集中力を一部に注ぐ力です。
ピアノを引く時に、指先と耳だけに集中力を注ぐ感じです。
2020年に大流行した鬼滅の刃の「全集中」がマインドフルネスといえます。

マインドフルネスが鍛えられれば、HSPはメリットしかありません。
読書の時も、まわりの雑音ではなく本にマインドフルネスをすれば、すらすらと読めます。
運動も仕事も趣味もすべてがそうです。

もちろん、他の情報を遮断して、1つのみにマインドフルネスをするのは難しいことです。
ただ環境を整えることによって、マインドフルネスの力が弱くでも発揮できるようになります。
例えば、仕事をする時に、まわりの人たちが見えない配置や仕切りをするだけで、集中力は変わってくるものです。音が気になるならノイズキャンセラーを取り入れるですね。

マインドフルネスは日常的に鍛えることができます。
食事をする時は、テレビを見ながら食事をするのではなく、食事のみを楽しみ。
音楽を聞きながら歩くのではなく、自然を聞きながらウォーキングするなどです。
ただどうしても「ながら行動」はしてしまうとは思います。
マインドフルネスが弱い時は、「ながら行動」も増えやすいです。

マインドフルネスを鍛えるには「呼吸瞑想」がおすすめです。
一般的にマインドフルネス瞑想と呼ばれているものです。
ヨガや自然の中をウォーキングする「動作を取り入れた瞑想」もおすすめです。

呼吸の場合は、呼吸に注意集中。
ヨガの場合は、ヨガのポーズに注意集中。つまり、体の感覚です。
自然の中をウォーキングする時は、自然に注意集中。自然はそれだけにメンタルに良いです。

瞑想により「脳の扁桃体」が鍛えられます。
扁桃体が鍛えられると、感情が必要以上に揺れ動かなくないます。
感情コントロールできて、一点集中できれば、HSPは最強です。

ただ瞑想で脳機能が改善するまでは3ヶ月ほど時間がかかり、継続もむずかしいです。
まずは「ながら行動」を減らして、よりマインドフルネス的に生きることを意識してみてはどうでしょうか?

自己理解をして、HSPで良かったと思う人生へ

自己理解をすると「HSPで良かった」と思う人生になります。
能力の高さの1つなので、扱えればHSPはプラス特性だからです。
しかも、自己理解をする前とした後で変化が大きいのもHSPの特徴です。

自分はHSPかどうか分からない人は、HSPを調べてみることをおすすめします。
HSPは自分をHSPと知っているかどうか、HSPをどのように活かしていくかどうかを知っているかが、人生の満足度を左右するとも言われているからです。

自己理解をして、自分の圧倒的な強み活かし、弱みは環境や人にカバーしてもらえれば、楽しい人生が送れます。
HSPで人生の満足度をあげていきましょう

HSPが楽に生きるための方法9選。3つの特徴とは?