うつ病になる前の自分に戻りたい|重要なのは、過去にとらわれないこと・過去を大切にすること

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


現在、文章を整え中の記事です。ご興味がある方は動画をご覧ください

自信がなくて
なかなか行動ができないという
相談を受ける時によく聞くのがまず自信をつけてから
という考え方です
自信のつけ方にもいくつか方法はあると思うんですが
よく言われるのが小さな成功体験を積み重ねていって
自信を積み上げていきましょうというものですねでも小さな
成功体験をするための行動が
そもそもできないんだと思われたことはありませんか
行動しようと思うと
失敗が怖い恐怖を覚えてしまう行動ができない
だから小さな成功体験を積み重ねるのも難しい
と思われる方もいらっしゃると思うんですね
実は以前の僕も同じように考えていて
そもそも行動ができない
だから自信をつけなくちゃ
でも自信をつけるためには
何か行動しないとなかなか身につかないというジレンマ
板挟みがあったんですね
今回は自信がなくても行動できる方法をお話しします
行動ができるようになってくるので
小さな成功体験読み上げて自信を身に
つけることができます
しかも今回の方法であれば行動する上での恐怖であるとか
失敗の恐れというのもほぼないのでご安心ください
まず自信を必要とせずに行動する
しかも自分が前に進んでいくためには
どのように行動していけばいいかというと
自信に頼らないレベルで少し
難しいことをするというものです
今自分が自信を必要とし
行動の10%から15%少しだけ難易度を上げる
少しだけ行動力を増すという方法になります
なぜ少し難易度を上げることが自信を必要とせずに
前に進む力になるのかというお話をします難易度を上げる
具体例をお話します
例えば現在散歩が15分できる方であれば
散歩を15分することに自信を必要とはしていないはずです
今までできたことなので
やればできるだろうという感覚を持っていると思います
10%から15%は難易度を上げるというのは
15分散歩を
していたところを17分散歩をするということです
ここで質問なんですが
現在15分散歩ができている時に17分散歩をすることって
どのくらい自信が必要でしょうか
おそらく多くの人は15分散歩できていたものから
17分の散歩にしていくというのはそれくらいならでき
そうだなと思わ方が多いのではないでしょうか
17分歩くのに慣れてきたら19分歩くという風に
1週間に2分ずつ散歩を伸ばした場合
2ヶ月もすれば散歩が30分できるようになってきます
しかも自信を必要とせずに30分の散歩ができるようになります
今回はあくまで
例えなので15分散歩できていて
自分は18分19分ぐらいならできそうだなぁとか
20分ぐらいならできそうだなぁとは
3分から5分ずつ伸ばしてもOKです
あくまで自分が自信を必要としないレベルで少しだけ難しくする
少しだけ行動力を上げるというところがポイントですもしも
読書したいという気持ちがあれば
現在読書が10分できるのであれば
12分だけ読書をしてみるという風に
少しずつ伸ばしていくということが大切です
朝起きるという部分であれば
現在朝9時に起きているけれども
7時に起きたいという場合はいき9時から7時に起きようとする
のではなくて
9時からまず8時45分という風に15分ずつ
早く起きてみるなどですね
もしも15分も早く起きるのは
ちょっと自信がないなぁと思われた場合は
5分だけ早く起きるという感じでもOKです
行動したり行動を変えなければ
今までとずっと一緒ですが少しだけでも
変えていけば少しずつ前に進んでいくので
10%少し難易度の高いことをするとです
何度も言う通り
10%から15%というのは目安なので
自分の感覚でこれならできそうだなという
自信を必要としないレベルの難易度であればOKです
例えば1月に行動
力をたった10%を上げることができれば
1年後には約3.14倍の行動力になっています
先ほどは散歩の時間であるとか
本を読む時間であるとか
起きる時間という風に
数値で測れるものが通知で測れないものも
同じように考えていくことが大切です自信を必要としない
レベルで少し難しいことをしていく
例えば人と話すのが苦手だという場合に
職場の人と話すのが苦手だなであるとか
病院の先生と話すのが苦手だなぁであるとか
お父さんお母さんと話すのが苦手だなという場合
おそらく話すのに自信を必要としていると思いますこの場合自信
を必要としない方法としては予行練習みる話す内容をメモしておく
伝えたいことを一つだけ絞って伝えてみる
身近な人友達などを気軽に話せる人に
こういったことを職場の人に伝えたい
病院の先生に伝えたいお父さん
お母さんに伝えたいという話を横尾練習として話しやすい人に話し
てみるというのもOKです
予行練習をするだけで話す内容がまとまって
この人に話すのがちょっと苦手だなぁと思う
人に対しても話しやすくなってき
身近な人に話すのも苦手な場合は
まずメモをしてみるでもいいですし
言いたいことを文章にまとめてみるでもいいですしLINEで
メッセージを送ってみるなど
自分にとって自信が必要とないレベルで
少し難易度の高い行動をしていくということが大切です
例えば自分を受け入れるというのもそうです
なかなか自分を受け入れる自信がないなあという場合
実は自分自身を受け入れるって
かなり難易度が高いことで自分を許す自分
を受けというのは一見甘く見えるんですけど
実際やってみると甘えるとは
全く正反対のところがあったりするので
こちらについてはまた別の動画でお話はするんですが
もしも自分を受け入れる自分を許すというのが自信がないなぁ
と思われる場合はいきなり自分の全てを受け入れなくて
いいですいきなり自分のすべてを許さなくてもいいです
100%自分を受け入れる
100%自分を許すなんて考えなくていいです
まず自信必要としないレベルで
受け入れられそうなことから受け入れていく
許せそうなことから許していくというのが大切です
行動する時に大きな
ことをすることではなくて
小さなことでもいいので続けていくことが大切です
例えばうつ病を改善するために頑張って40分
朝散歩をしたとします
でもそれが2日3日で終わってしまうのであれば
それほど大きな効果は望めません
5分でもいいので永続して朝散歩を続けて続け
ていくうちに慣れてきます
慣れてくると自信を必要としないレベルで
少しずつ難易度を上げていけば5分だった
散歩が6分7分8分10分と伸びていきます
半年後どのようになっているかというと
いきなり40分朝散歩という大きな行動を始めて
3日で終わってしまった
場合半年後散歩をしておらず散歩をしていなくて
体の健康も変わっていない状態になります
でも5分でも始めて
自分ができる範囲で少しずつ時間を伸ばしていけば
人にはよると思うんですが
半年後には散歩を30分40分できていて
しかも継続して朝散歩を続けること
ができているので
メンタルも体も半年前よりは確実に前に進んでいます
大きなことをするというのはとてもかっこいいですし
魅力的なことではあるんですが
とても大切なことは小さなことでも前に進むことであれば
続けていくことが大切ですそして続けていけば大きな成果と
なって帰ってきます
小さく続けていけば小さな成功体験を積み上げていくので
自信もついてきます
例えば僕は体力をつける上で
初めにしたことは散歩ですらありませんでした
では何を始めたかというと
僕の場合は1日ベッドで22時間
23時間ほどずっと横になっていたので
まずは1日座る時間を3時間4時間と伸ばしていく
というところからしてみました
そして座る時間を伸ばして立っていられる時間を伸ばして歩ける
時間を延ばして
少しずつ走ることを始めてマラソンが完走できる今に至っています
それだけ小さくてもコツコツと継続していくことっていう
のはとても大切なことです
先ほど一月に行動力を10%増やすだけでも
1年後には約3.14倍の行動力になりますとお伝えしました
ただ自分に得られるというのは3.14倍どころではないんですね
だいたいの行動でそうなんですが
積み上げていく時にいつか壁をぶち
破る瞬間っていうのが出てきます
ブレイクスルーするポイントですね
僕のうつ病改善というのは実際そのような形になっていて
いろいろな会社日記であるとか瞑想であるとか呼吸であるとか
体力をつけていく食事を改善するというのを小さく改善していって
気づいたらすごく心が楽に
なっていたという感じで
しかも心が楽になってしまえば
いろいろな行動がさらにできるようになってくるので
どんどん加速的に前に進みやすくなっていきます
2年前にYouTubeを始めた頃から
僕の見た目も結構変わっているとは思うんですが
運動を始めたり食事をより改善などし
たりしてあと不眠症も改善しているので
より健康的になってきてはいるんですが
他にも話ができるようになったり
睡眠健康指導士の資格を
取っいろいろな仕事もできるようになっています
成長を早くするための特別なことというのはしてはいません
僕が着ているのは自分
の自信を必要としないレベルで
少しずつ難易度を高いことをしていって
継続していくというところです
しかも常に前に進んでいる感覚があるので
毎日が少し楽しくもなってくるというご褒美があります
もちろん自信があることで行動はしやすくはなるんですが
あくまで自信による行動
のっていうのは補助的に使うことがおすすめです
自信のみで行動してしまうと
それこそ単なる精神論になってしまうので
うまくいくにせようまくいかないにせよ
ギャンブル的な行動になってしまいます