冷え性対策にはタンパク質が有効かも?睡眠の質も高める

※アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク


冷え性対策にはタンパク質が有効かも?

こんにちは、しもんです。
こっそり食生活アドバイザーの資格をとりました。
資格勉強は幅広く知識が得られるので、応用力と説明力がつきやすいのがいいですね😊
僕は「役に立つ」を意識して、学習することが多かったので、資格勉強では視野が広がって助かります。感謝。

特異動的作用って、ご存じですか?
簡単にいうと「食事をすると体が温まる働きのこと」です。
確かに、食べ物を食べると、体が温まる感じがしますよね。

その中でも、タンパク質は特異動的作用を高める効果が高いです。

・タンパク質は約30%高める
・炭水化物は約6%高める
・脂質は約4%高める

タンパク質は、不足しがちなので意識をしてとることをおすすめします。
お肉やお魚や卵、豆などですね。

タンパク質はメンタル安定のセロトニンを生み出すトリプトファンがとれたり
睡眠の質を高めてくれたり
体や肌を回復してくれたり
と、かなり有用です。

▼セロトニンを増やす9つの食べ物とは?日本人が不足しがちな理由
https://youtu.be/pu9nkjJLyGI

▼【睡眠改善】ぐっすり眠れる新食生活の方法時間栄養学を取り入れませんか?
https://youtu.be/6VMi3lCRxDI

体重1キロあたり1.0~1.2gぐらいを目安にどうぞ。
運動するかたであれば、
女性であれば体重1キロあたり:1.0~1.6g
男性であれば体重1キロあたり:1.2~2.0g

とりすぎると腎臓ダメージがあるので、腎臓が弱い人は注意。
僕の場合は、体重1キロあたり1.8~2.2gぐらいです。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
セロトニンとタンパク質を考えると、バナナヨーグルトはおすすめです😊